ucwords-文字列関数

ucwords関数は引数に指定した文字列の各単語の先頭文字(アルファベット)を大文字に変換した文字列を返す関数です。以下に使用方法を示します。

ucwords関数で単語として認識されるのは空白文字(スペース/フォームフィード/改行/キャリッジリターン/水平タブ/垂直タブ)で区切られた文字列です。
各単語の先頭文字とは、空白文字の直後に記述されている文字となります。
//ucwords ("大文字に変換したい文字列");

$str = "php cgi";
$str = ucwords($str);

$str1 = ucwords("入門 php cgi"); //

echo $str;

echo $str1;

$str2 = "I LOVE PHP";
$str2 = ucwords(strtolower($str2)); //
echo $str2;
引数には各単語の先頭文字を大文字に変換したい文字列を指定します。
上の例では引数に変数str(php cgi)を指定しているので、各単語の先頭文字"p"と"c"が大文字に変換され、  Php Cgi がブラウザに出力されます。

,任"php","cgi"の先頭文字が大文字に変換されます。"入門"はアルファベットではないので何も変換されません。 したがって、 入門 Php Cgi となります。
△任蓮strtolower関数によって変数str2を全て小文字に変換後に、ucwords関数で各単語の先頭文字を大文字に変換しています。 したがって、 I Love Php となります。