array_multisort-配列関数:複数の多次元配列をソート

array_multisort関数は複数の多次元配列をソート(並び替え)し、成功時にTRUE、失敗時にFALSEを返す関数です。
以下にarray_multisort関数の使用例を示します。
//array_multisort (配列1, 配列2, ...);

//  //
$ar1 = array(1, 3, 2, 6, 5);
array_multisort($ar1);
print_r($ar1);

//  //
$ar1 = array(1, 3, 2, 6, 5);
$ar2 = array(10, 30, 1, 36, 5);
array_multisort($ar1, $ar2);
print_r($ar1);
print_r($ar2);
,了藩冦磴任array_multisort関数の引数に配列$ar1のみを指定しています。オプションでフラグ(昇順・降順・型)を指定することが可能です。
,任魯侫薀阿鮠蔑しているので配列$ar1は昇順でソートされるます。
・ソート後の配列$ar1
 Array ( [0] => 1 [1] => 2 [2] => 3 [3] => 5 [4] => 6 ) 

△任亙数の配列を引数に指定しています。array_multisort関数は複数の配列を一度にソートすることが可能です。
配列$ar1、配列$ar2それぞれのソート結果は以下の通りです。
・ソート後の配列$ar1
 Array ( [0] => 1 [1] => 2 [2] => 3 [3] => 5 [4] => 6 ) 
・ソート後の配列$ar2
 Array ( [0] => 1 [1] => 5 [2] => 10 [3] => 30 [4] => 36 ) 

並び替え方法・ソート型フラグを指定-array_multisort関数

[ 並び替え方法を指定するフラグ ]
SORT_ASC:昇順にソート
SORT_DESC:降順にソート

[ ソート型フラグ ]
SORT_REGULAR:普通に比較
SORT_NUMERIC:数値的に比較
SORT_STRING:文字列として比較
$ar1 = array(1, 3, 2, 6, 5);
array_multisort($ar1, SORT_DESC);
print_r($ar1);
//結果 SORT_DESCを指定し降順にソート
//Array ( [0] => 6 [1] => 5 [2] => 3 [3] => 2 [4] => 1 )

$ar2 = array(1, 3, "2", 6, "a");
array_multisort($ar2, SORT_DESC, SORT_STRING);
print_r($ar2);
//結果 ソート型を文字列としてSORT_DESCで降順にソート
//Array ( [0] => a [1] => 6 [2] => 3 [3] => 2 [4] => 1 )