prev-配列関数:配列ポインタを前に戻す

prev関数は指定した配列の内部配列ポインタを一つ前に戻し、ポインタ移動後の配列値を返す関数です。
以下にprev関数の使用例を示します。
//prev (配列);

$ar = array("PHP", "PHP4", "PHP5");
next($ar);
next($ar);

//  //
$prev_ar = prev($ar);
echo $prev_ar;

//  //
$prev_ar = prev($ar);
echo $prev_ar;

//  //
$prev_ar = prev($ar);
echo $prev_ar;
,任惑枸$arのカレントポインタは値"PHP5"を指しており、prev関数で内部配列ポインタを一つ戻して値を取得すると  PHP4 が返されることになります。

△任惑枸$arのカレントポインタは値"PHP4"を指しており、prev関数で内部配列ポインタを一つ戻して値を取得すると  PHP が返されることになります。

では配列$arのカレントポインタは値"PHP"を指しており、配列要素の最終要素を指していることからprev関数は  FALSE を返すことになります。