reset-配列関数:内部ポインタを先頭に移動

reset関数は配列の内部ポインタを先頭の要素にセットする関数です。
以下にreset関数の使用例を示します。
//reset (配列);

$ar = array(1, 2, 3, 4);

//  //
next($ar);
echo current($ar);

//  //
reset($ar);
echo current($ar);

,任next関数で内部ポインタを一つ前に進めています。この時、corrent($ar)では 2 が出力されます。

△任reset関数で内部ポインタを先頭にセットしています。reset関数により内部配列ポインタは先頭に移動されるため、先頭の要素の値  1 がブラウザに出力されます。

reset関数の引数に指定した配列が空の配列だった場合は、FALSEが返されます。